タグ別アーカイブ: 電子書籍

書店に電子書籍のまとめ買い機能を追加

BCCKSで書店をご利用のみなさまにお知らせです。

書店に並んでいる電子書籍を「まとめ買い」できるようになりました!

書店で[この書店の電子書籍をすべて買う]ボタンを押すと、その書店に並んでいる「有料の電子書籍」が全てカートに入ります。

既に入手済みの電子書籍はカートに入らないので、書店のカタログをコンプリートしたい方にはすごく便利です!

イベントやセミナーの本をまとめて販売したいときや、シリーズ本を表示しておくなどすると、「大人買い」してくれる読者が現れるかも。便利になった書店を、どうぞご活用ください。


電子書籍はログインしていないと購入できません

まとめ割引などの機能はありません

「この書店の電子書籍をすべて買う」ボタンを押すと、書店の本が全てカートに入ります。

ストア配本における各ストアでの販売支援サービスの適用について

いつもご利用いただき、ありがとうございます。

「ストア配本サービス」にてBCCKSが提携している各ストアでの本の販売を促進するため、セールやレンタル、読み放題サービスなどの方策を講じています。

こういった販売支援サービスを適用すると申請された販売価格が変動する(主に下がる)ことになり、印税の価格がそれと連動して下がりますが、本の販売や告知につながることもあり、この度BCCKSでもこういったサービスに対応いたしました。

対応サービス

対象となるのは2014年7月現在、下記のようなサービスです。今後増える可能性がありますが、ストア配本サービス規約の更新にて告知させていただきます。

    セール

  • Kindleセール : Kindle側が選出した書籍が割引価格で販売される
    • iBooksでのプロモーション企画
      企画に合わせて選出された書籍が割引価格で販売される
    • 各ストアでのセールについては、ストア側から連絡があり次第、許可をいただいた著者様の本についてBCCKSの方で代理で承諾の連絡をさせていただきます


      読み放題サービス

    • KDDIブックパス読み放題サービス : 月額546円で本が読み放題になるサービス

      サービス内で読まれた本をまとめて分配するため、印税分配用の価格等については事後報告となります

      • レンタルサービス

      • BookLive!2daysサービス : 価格を下げて2日間のレンタルを可能とするサービス。 レンタル終了後、7日間は追加費用で購入することが可能

        レンタル価格については、申請時の販売価格の30%とさせていただきます

上記すべてのサービスについて、許可していただいてもストア側のセレクトにより、必ずしもサービスが適用される保証はありません

印税のご報告では、実際に販売された価格に料率をかけてご報告します。

今後、新規配本/更新申請される際は、【価格が下がる販売支援サービスに参加する】の項目にチェックを入れて申請してください。
すでに申請済みの皆様には個別にメールをお送りいたしますので、価格が下がるタイプのサービスでの販売を許可する場合は8月4日までに指定ページにて申請をお願いいたします。期日までに申請していただいた場合は無料での対応とさせていただきます。許可されない場合はご連絡の必要はありません。

上記の対応に従い、ストア配本サービス規約の変更も行っております。ご確認ください。

引き続きBCCKSをよろしくお願い申し上げます。

ストア配本にBOOK☆WALKERとeBookJapanが追加されました!

BCCKSで作成した電子書籍を、他の電子書籍ストアでも販売することができるストア配本サービスで、配本先を追加しました!

今回新たに2書店を追加し、最大9書店での販売が可能になりました。
追加された書店は以下の通りです。

各ストアに配本した際の印税の著者料率はこちらをご覧ください。
尚、BCCKSで販売した場合の著者印税は70%です。

あなたの本も各ストアで販売してみませんか?
配本申請は、書斎の発行済の本の下にある[ストア配本]ボタンからどうぞ!

ストア配本サービスの詳細はこちら

BCCKSで公開している書籍フォーマットの著書が対象です。

1冊5チケット(税込540円)で配本可能です。

新規書店への配本申請前にエディタで本を再発行してください。

既に配本済で新規追加書店にも配本したい場合は、[ストア配本]ボタンから追加ストアを選択して申請してください。

Sony Reader StoreおよびKDDIブックパスは、出版社名を使用して配本を行う場合、初回のみ出版社登録手続きのために通常より2週間ほどお時間をいただきます。

ストア配本サービスをご利用の皆様へ

日頃はBCCKSをご利用いただき、ありがとうございます。

ストア配本サービスで配本申請いただいた本について、各ストアの配信条件を満たしていない場合、配信が開始されずストアより修正の依頼がくることがあります。
作品の内容EPUB形式等について、以下の点に該当する作品は配本が行えないことがありますので、改善後に配本申請を行っていただきますよう、ご協力をお願いいたします。

ストア配本サービス注意点

作品の内容

  • 未完成、または更新型の作品である場合
  • 著作権、出版権を有していない場合

    webなどにある本人所有ではない画像や文章を利用している場合など

  • 複数ストアに申請する場合で、他ストアで販売中の作品のURLを含んでいる
  • 誤字や脱字、URL間違いがある

    URLのリンク切れなどもエラーの対象になります

  • シリーズのタイトルで、タイトル表記が揃っていない
  • 同じ内容が2つある場合

    表紙と裏表紙が著しく同じ場合/奥付に見えるものが2つあるなど

EPUB

  • 最新のEPUBファイルではない場合

    文庫/新書/A5変型の場合は2014年2月20日以降、10inchの場合は2014年5月2日以降にエディタで発行していることが必要です

    上記日付以降のEPUBが各書店に対応した最新仕様になっております
    それ以前に発行された本の場合は、お手数ですがエディタで再発行してください

  • iBooks Storeに配本する場合で固定レイアウト型で作成している

    iBooks Storeにおきましては、画像のみの本が配信不可になるケースが多く発生しております。これはiBooks Storeの方針によるものです
    画像のみの本を配本する場合は、他のストアを中心に申請先をご検討ください

  • エディタの目次記事で目次を作成していないにもかかわらず、
    EPUB設定の「目次記事からEPUB目次を作成する」にチェックを入れて発行した場合

    EPUB目次とは

配本申請

  • 説明文に更新情報や他ストアの販売情報が入っている

その他、基本的な注意事項はこちらをご覧ください。

配本申請をする前に作品の内容を十分に確認してください。更新申請を繰り返したり、すぐに停止申請を行いますと配本先ストアや購入したお客様にご迷惑がかかります。
やむを得ず修正版を配信する場合は、エディタで修正を行い、再発行後にストア配本ボタンより更新申請を行ってください。

以上、お手数をおかけし申し訳ございませんが、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

【重要】電子書籍の最低価格と紙本の印税額についてのお知らせ

いつもBCCKSをご利用いただきありがとうございます。

2014年4月1日より、電子書籍最低価格の変更及び紙本の印税額設定に上限を設ける変更を行います。

電子書籍の最低価格を105円→216円(税込)とします

2014年4月1日より、電子書籍の販売最低価格(税込)を、現行の105円から216円に変更させていただきます。

現在、税込105円で販売されている電子書籍について、販売価格の変更はBCCKSで行いますので、特別な設定は不要です。

読者へのアナウンスなどが必要になる場合は、お手数ですが著者の方からご連絡いただけますようお願いします。

紙本の印税価格の最高金額を1,080円(税込)とします

2014年4月1日より、紙本の印税額に上限を設けます。
BCCKSの紙本の販売価格は、BCCKSの紙本定価に、著者の定めた印税額が加わり決定します。今回、この印税額に一冊につき1,080円(税込)という上限を設定させていただきます。

BCCKSは「低価格で本を流通できるサービス」を目指してますが、各種手数料、販路の拡大、決済方法の多様化などの理由により、最低価格変更、印税額の上限設定を決定することとなりました。ご理解いただければ幸いです。

現在、印税額1,050円以上で販売されている紙本について、印税額の変更はBCCKSで行いますので、特別な設定は不要です。

読者へのアナウンスなどが必要になる場合は、お手数ですが著者の方からご連絡いただけますようお願いします。

テキストからのカンタン作成機能をリリース!

テキストを流し込んで本のひな形をつくれる、テキストからのカンタン作成機能 α版をリリースしました!

本にしたいテキストを入力フォームに入れ、造本仕様を数カ所設定すると、すぐに本の形でプレビューでき、そのまま保存作成できます。
カンタン作成機能からつくられた本をエディタで詳細編集し、手の込んだ本に仕立てる事や、表紙エディタでこだわりの表紙に変更したり、そのまま紙本を作成したりといった展開が可能です。

BCCKSでの本づくりの入り口としてぜひご活用ください!

simple_text_editor

カンタン作成機能は、会員登録/ログインして、ヘッダの[つくる]>[Text]ボタンからご利用いただけます。
また、テキストに独自の記法を使うことで、ある程度本の整形も可能です。詳細はこちらをご覧ください。

ストア配本の書店を追加しました!

BCCKSで作成した電子書籍を、他の電子書籍ストアで販売することができるストア配本サービスで、配本先を追加しました。

新たに4書店を追加し、計7書店での販売が可能になりました。
追加された書店は以下の通りです。

より多くの読者に本を届けることができるようになりました。
配本申請は、書斎の発行済の本の下にある[ストア配本]ボタンからどうぞ!

各ストアに配本した際の印税の著者料率はこちらをご覧ください。尚、BCCKSで販売した場合の著者印税は70%です。

ストア配本サービスの詳細はこちら

BCCKSで公開している書籍フォーマットの著書が対象です。

1冊につき税込525円(14/4/1より540円)のチケットで配本可能です。

新規書店への配本申請前にエディタで本を再発行してください。

既に配本済で新規追加書店にも配本したい場合は、[ストア配本]ボタンから追加ストアを選択して申請してください。

Sony Reader StoreおよびKDDIブックパスは、出版社名を使用して配本を行う場合、初回のみ出版社登録手続きのために上記に加えて2週間ほどお時間をいただきます。

エディタに『EPUBプレビュー』を追加!

ストア配本サービスをご利用いただいて、EPUBファイルを主要電子書籍ストアで販売される方も増えてきました。

そこで! エディタで、一般的なEPUBリーダーでの表示をシミュレーションできる『EPUBプレビュー』を追加しました。
エディタ最上段の、本のPreviewのプルダウンから[EPUB]を選択すると確認できます。

EPUBについてBCCKS版のEPUBの表示についてもあわせてご確認ください。

epubpreview

リフロー型EPUBのシミュレーションビューとなります。固定レイアウト型EPUBの表示とは異なります。

EPUBの表現力は、各EPUBリーダーによって大きく異なります。あくまで目安の表示としてご利用ください。例えば以下のような点があります。

  • 判型は6インチ(W758 x H1024px)でシュミレーションしていますが、各リーダーの画面サイズによって異なります。
  • リーダーによっては、カラーの画像等もすべてモノクロで表示されます。
  • リーダーの搭載フォントの違いで、ボールドの指定が効かないことがあります。
  • 禁則処理や文字サイズ段階調整は、各リーダーによって異なります。
  • 画像サイズの表示仕様が全く異なる場合があります。
  • プレビューではBCCKSの紙のテクスチャがついていますが、各リーダーアプリによって表現が異なります。