よめるブログパーツの操作方法

よめるブログパーツの操作方法は以下の通りです。

embed_reder_01

本を読み込む

よめるブログパーツは、設置されたページを開いた段階では、内容が読み込まれていません。中央の[読む]アイコンか、下部リーダーメニューを操作すると本の読み込みを開始します。本の容量によっては全頁表示するまでに時間がかかります。
右開き縦組の本は左方向へ展開され、左開き横組の本は右方向に展開されます。

embed_reder_02

ページをめくる

本の左右端をクリックか、下端リーダーメニューの左右矢印ボタンでページめくりできます。ブログパーツにフォーカスした状態ならば、キーボードの[←][→]キー、[J][K]キーでもページめくりができます。

embed_reder_03

サムネイルスライダーを使ってページ移動

本の下端にマウスカーソルを近づけるとサムネイルスライダーが表示され、本の好きなページにジャンプできます。移動したいページサムネイルをクリックしてください。
サムネイルスライダーでページを移動すると、画面右下に[前にいた頁に戻る]ボタンが表示され、移動前のページに戻ることができます。

embed_reder_04

リーダーメニュー

下端のリーダーメニューの各ボタンの動作は以下のようになっています。

矢印ページめくりできます。画面左右端クリックや、本にフォーカスした状態でキーボードの[←][→]キー、[J][K]キーも同様です。
BCCKSでよむこの本の情報ページが別ウィンドウで開きます。
本のタイトル
著者名
この本の情報ページが別ウィンドウで開きます。
iPhone型では表示されません。
共有 share本にfacebookのいいねをつけたり、Twitterのタイムラインにつぶやけます。BCCKSにログインした状態で本を開いていると、本を[読了]にする、星評価をつける、コメントを書くなどの操作もできます。
フルスクリーンアイコンフルスクリーンモードに対応したブラウザで、画面いっぱいに本を表示します。Escキーで解除できます。
BCCKSロゴBCCKSのTOPページが別ウィンドウで開きます。

サイトやブログ、書店への設置方法はこちらをご覧ください。

PCリーダーの操作方法はこちらです。

リーダーで本がうまく読めない場合

リーダーで本がうまく読めない場合は、以下の項目をご確認ください。
以下の推奨環境でも本が開かない場合、お手数ですが、閲覧環境をこちらにご連絡ください。

PC Webブラウザ(Mac、Windows共)

Google ChromeMac、Windows共に推奨ブラウザです。最新版をご利用ください。
SafariMacでのみ推奨ブラウザです。最新版をご利用ください。
Firefox表示される事は確認できていますが、ブラウザの解釈の違い等により文字表示が崩れる場合があります。
Internet ExplorerInternet Explorer 10 以降の最新版をご利用いただく事で表示されます。ブラウザの解釈の違いによって文字表示が崩れる場合があります。

リーダーアプリ「bccks reader」

iOS

iOSアプリ「bccks reader for iOS」は、iOS5以降の以下の機種で動作チェックをしています。

iPhoneiPhone4、iPhone4S、iPhone5、iPhone6、iPhone6s
iPadiPad(第2世代)、iPad 2、iPad (第3世代)、iPad mini、iPad Pro

Android

Androidアプリ「bccks reader for Android」は、Android2.3以降の以下の機種で動作チェックをしています。下記以外の機種をお持ちの方で動作不良がありましたらこちらまでご報告ください。

スマートフォンGALAXY S、Optimus bright L-07C
タブレットGALAXY Tab、GALAXY Note

ページジャンプについて

BCCKSのPC readerやiOSとAndroidのアプリリーダーでは、画面の下側にカーソルを合わせたり、下から上にスライドするとサムネイルスライダーが現れます。ここで飛びたいページを選ぶ事ですぐに移動ができます。
一度ページジャンプした後、元のページに戻りたい場合は、スライダー右下の[前にいた頁に戻る]で戻る事ができます。

本の栞について

BCCKSの電子書籍は、Webブラウザのリーダーや、iOS・Androidのリーダーアプリで、最後に読んだページ情報が保存されています。
同じユーザーでログインし、一度読んだ事のある本を開くと『栞ページに移動』と表示され、最後に読んだページまで移動します。[最初から読む]を押す事でページジャンプを停止する事もできます。

本を開いた時は、全ページのレンダリングが行われますので、栞ページへの移動に時間がかかる事があります。

本の表紙の上にアイコンが表示される

「パスワード公開」と「非公開」の本には、TOPページ、書店、書斎等で、本の表紙の上にアイコンが表示されます。

パスワード公開アイコン

パスワードがかかっている本

パスワード公開の本は、書影の上に、グレーの鍵のアイコンが重なって表示されます。自分の書斎以外では、TOPの各書店エリア、すべての書店、各書店で表示されます。
自分の書斎では、半透明で表示されます。

非公開アイコン

非公開アイコン例

非公開の本は、書影の上に、グレーの非公開アイコンが重なって表示されます。
非公開の本は自分の書斎にのみ並びます。著者以外のユーザーは非公開の本を見ることはできません。
自分の書斎では、半透明で表示されます。

ランキングの集計方法って?

BCCKSの本のランキングは、公開/販売されている本で直近の一定期間に入手(購入)された数、タチヨミされた数、閲覧総数などを集計し、独自の仕組みで算出しています。パスワード公開、及び非公開の本はランキング対象外となります。
詳細な算出方法は公開しておりません。ご了承ください。

入手数や閲覧数って?

本のパーマリンク(情報ページ 例)などで表示されている入手数や閲覧数は以下のような内容となっています。
また、現在、情報の取得がうまく機能しておらず、一部の項目しか表示されない等の不具合が確認できており、修正予定です。
ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。

本の情報画面
入手数BCCKS会員の本棚に本が入っている数。
公開・販売前に入手された数も含みます。
閲覧数非会員も含め、本が開かれた数。
タチヨミ数は含みません。
公開・販売前に開かれた数も含みます。
タチヨミ数非会員も含め、本がタチヨミされた数。
デバイスDL数iOSやAndroid版リーダーアプリ『bccks reader』に本がダウンロードされた数。
公開・販売前にダウンロードされた数も含みます。
EPUBDL数EPUBファイルがダウンロードされた数。
公開・販売前のダウンロード数も含みます。
紙本販売数紙本が購入された冊数。自著を購入した数も含みます。

BCCKSの本をKindleで読むには

BCCKSの本をKindleで読むには、BCCKSからEPUB形式のデータをダウンロードし、アプリケーション「Kindle Previewer」でKindle形式(mobiファイル)に変換します。

BCCKSで作成したEPUBファイルは、KDP(Kindle Direct Publishing)にそのままアップすることができます。KDPに本をアップする方法は、こちらをご覧ください。

BCCKSからEPUB形式のデータをダウンロードする

ご自分の著書の場合、書斎TOPの本の下にある[EPUB入手]ボタンをクリックすると、その本のEPUBデータがダウンロードフォルダにダウンロードされます。
発行済みの本のみ[EPUB入手]ボタンが表示されます

[EPUB入手]ボタンをクリック
[EPUB入手]ボタンをクリック

他のユーザーの本のEPUBが入手可能な場合、パーマリンクページの本のサムネイルの下に[EPUB版を入手]ボタンが表示されます。クリックすると、その本のEPUBデータがダウンロードフォルダにダウンロードされます。

[EPUB版を入手]ボタンが表示されます
[EPUB版を入手]ボタンが表示されます

Kindle PreviewerでEPUBをKindle形式に変換する

  1. まず、「Kindle Previewer」のページに行き、お使いのパソコンのOSに合ったバージョンをダウンロードし、インストールしてください。
  2. 起動すると、下のような画面が表示されますので、[本を開いてプレビューする]をクリックして、先ほどダウンロードしたEPUBファイルを選択してください。
  3. ファイルを選択すると、EPUBがKindle形式に変換され、もとのEPUBファイルと同じフォルダの中に新しくフォルダが作成され、その中にKindle形式のファイルが出力されます。
kindle Previewerのウィンドウ
EPUBファイルをKindle Previewerのウインドウに直接ドラッグ&ドロップして変換することもできます

表示を確認する

Kindle用ファイルの出力と同時に、出力されたファイルがKindleでどのように見えるかのプレビューが表示されますので、変換した本のKindleでの表示をご確認ください。Kindleでは、以下のように、レイアウトやページネーション、文字の表示など、BCCKSでの表示と異なった表示になる部分があります。

BCCKSでの表示例
BCCKSでの表示例
同じページをKindleで表示した例
同じページをKindleで表示した例

Kindleにファイルをコピーする

お持ちのKindleをパソコンに接続し、変換出力されたファイルをKindleにコピーすると、Kindleで本が読めるようになります。